キュアペットに含まれる原材料は高齢犬にあげても大丈夫!?

キュアペット

 

 

 

 

キュアペットは、動物栄養学博士や獣医師など、ペットの専門家の監修を受けて開発された愛犬の腸内環境を整えるためのサプリメントです。

 

 

今なら初回72%OFF+送料無料キャンペーン中!

 

⇒ キャンペーンの詳細をみる!【公式サイト】

 

 

 

 

 

 

キュアの原材料は!?

 

キュアの原材料はどんなものが使われているのだろう!?
気になる飼い主さんも少なくないかと思います。

 

そこで調べてみたところ、キュアペットの原材料は以下の通りです。

 

 

原材料は、人間も食べられる安全なものだよ!
●米粉
●鰹節エキスパウダー(デキストリン、カツオエキス、鰹節抽出液)
●シャンピニオンエキス
●ビール酵母
●クマ笹末
●有胞子性乳酸菌
●海藻カルシウム
●植物発酵エキス
●グルコサミン


 

 

 

人工添加物は一切使用されておらず、すべて人間が食べられるヒューマングレード品質の天然素材です。

 

 

そこで、成犬はもちろんですが、胃腸が弱くなってくる高齢犬にこそ、おすすめしたいサプリです。

 

 

 

こんなワンちゃんにおすすめしたい!

 

愛犬の口臭が魚臭い。
ウンチの臭いがキツい。
下痢や軟便が続いている。

 

これらの問題は腸内環境の悪化が原因であることがあります。

 

キュアペットは、熱や酸に強く生きて腸まで届く乳酸菌を配合し、腸内の善玉菌を増やし、これらの問題の解決を目指して作られています。

 

 

 

キュアペットは、どんな味がするの!?

 

キュアペットは、愛犬が抵抗なく口にすることができるように、粉末状になっています。

 

 

キュアペット

 

 

 

そして、いつものフードにかけてあげることができるように、ほとんど無味・無臭になっています。

 

ペットサプリの中には、チキンなどのワンちゃんの好きそうな味付けをしてあるものもありますが、それぞれ好き嫌いがあるので、キュアペットは、「あえて無味・無臭にした」ということでした。

 

 

 

キュアペットの与え方は!?

 

キュアペットは、普段、フードをあげる際に、これに振りかけてあげましょう。
1日に与える分量をフードを食べる回数に分けてあげると、忘れることがなくて便利ですね!

 

 

1日にあげる量はどのくらい!?

 

キュアペットの1日の分量は以下のとおりです。

 

愛犬の体重 1日1食の場合 1日2食の場合
〜2kg 1g×1 0.5g×2
〜5kg 2g×1 1g×2
〜10kg 3g×1 1.5g×2
〜15kg 4g×1 2g×2
〜20kg 5g×1 2.5g×2

※1…体重20kg以上の場合、5kg増加ごとに1g増加して下さい。
※2…1gはティースプーン擦切り1杯です。

 

 

 

サプリを食べてくれない場合の対処法

 

キュアペットは、愛犬の味覚をできるだけ損なわないために、可能な限り無味・無臭に作られています。

 

しかし、犬は人間の1万倍〜1億倍も嗅覚が鋭く、わずかな味や臭いの変化で警戒してしまう子も中にはいるようです。

 

そこで、ここではキュアペットをキュアペットを食べてくれない場合の対処法を紹介します。

 

 

1回に与える量を減らす。

 

見た目や臭い、味などの変化をできるだけ減らすため、規定量の半分以下の量からスタートする。

 

 

 

水や犬用のミルクに混ぜてあげる。

 

フードには強い警戒を示す子も、ドリンクには寛容だったりすることも少なくありません。

 

そこで、ドリンクの中に、少量混ぜて与え、慣れてきたら徐々に増やしていくという方法があります。

 

 

 

水分を加えてフードにかけたり、混ぜたりする。

 

粉末状だと、キレイによけて食べてしまう子の場合、いったん水分を含ませてフードにかけたり混ぜたりすると、食べてくれることがあります。

 

 

 

無理やり飲ませる(爆)

 

もし、上記のいずれも無理の場合には、あなたが口に含んで、顆粒をワンちゃんの頬に着けるという方法があります。

 

唾液と混ざって頬にくっつき、ワンちゃんが舐めることで体内に摂取できます。