「愛犬の口が臭い。」その原因と試しておきたい対策について。

 

キュアペット

 

 

特に高齢犬の飼い主さんに多いのですが、

 

「最近、うちの子の口が臭くて…。」

 

という悩みを抱えている飼い主が少なくありません。

 

ぺろぺろと顔を舐めてくれるのは嬉しいのですが、思わず顔を背けてしまうこともありますよね!

 

ここでは、そんな悩みを抱える飼い主さんに向けて、犬の口臭の原因と対策について説明していきます。

 

 

 

犬の口臭がひどくなる三大原因について

 

愛犬の口臭が気になるというときに考えられる原因は以下の3つです。

 

口内環境の悪化により細菌が繁殖している
胃腸の調子が悪い
食べ物による影響を受けている

 

 

 

そこで、以下、三つの原因それぞれについて、その原因とその対策・予防法について説明していきます。

 

1・口内環境の悪化により細菌が繁殖している

 

まず、犬の口臭の最大の原因として、口内の環境が悪化し、口の中に細菌が繁殖していることが考えられます。

 

食事の食べかすなどが歯の間や歯肉の間にたまって歯垢となり、この歯垢が雑菌の温床となって菌が繁殖することで臭いが発生するのです。

 

そして、この歯垢が歯石化して歯周病を起こしている場合には、その臭いはひどくなります。歯周病は放置していると、細菌が体内に入り込み、内臓の疾患を引き起こすこともありますので早めに獣医さんに相談をしましょう。

 

3歳以上の犬の約8割が歯周病を発症しているともいわれていますので、愛犬の口臭が急にきつくなったという場合には、まずは口内環境の悪化に伴う歯周病を疑ってみましょう。

 

もし、愛犬の口臭が気になる場合には、まず口の中を見てみましょう。

 

この時、歯肉が赤く腫れていたり、出血したりしている場合、もしくは歯がグラグラしたり、葉の色が黄色や茶色、黒色に変色しているような場合には、早めに獣医さんに相談しましょう。

 

 

 

2・胃腸の調子が悪い

 

犬の口臭の2番目の原因としては、胃腸や内臓に不調がある場合です。

 

 

キュアペット

 

 

概ね歯のケアをしても臭いが取れない場合には胃腸や内臓に原因がある可能性が大きいです。

 

自宅でできる見分け方法としては、口臭がする犬の歯を乾いたタオルで拭いてみましょう。

 

もし、タオルが臭くならないようであれば、胃腸から臭いがしている可能性が高いです。
胃腸炎になっているか、腸内環境が悪化しているという可能性があるので、やはり一度獣医さんと相談してみることをお勧めします。

 

家庭でできる対策としては、乳酸菌を含むヨーグルトを食べさせてみたり、犬用のサプリメントを利用することで腸内環境を改善させていくことがおススメです。

 

人間用の無糖のナチュラル・ヨーグルトでも代用する ことは可能ですが、愛犬がお腹を下す可能性もあるので、犬用のヨーグルトも検討してみてください。

 

また、腸内環境のバランスを正常に保つ働きのあるサプリメントもおススメです。

 

乳酸菌や酵素を多く含み、口内環境だけでなく、腸内環境も総合的にサポートしてくれる効果があるので、口臭だけではなく便秘や下痢などの問題もケアしてくれる優れものです。

 

 

 

3・食べ物による影響を受けている

 

特に市販のドライフードをあげている場合、ドッグフードに含まれる油分と炭水化物は口臭の原因になることがあります。

 

特に油分は口の中を酸化させ、臭いの原因となりますし、穀物などの炭水化物は口の中に残りやすく歯垢の原因となります。

 

ですので、添加物のない天然由来の成分で作られたドッグフードに変えたら口臭が気にならなくなったという声もあります。

 

 

ただ、ドッグフードの変更に対しては、警戒感を持つ子もいるので、少しずつ混ぜながら、1〜2週間ほどかけて、ゆっくりと変えていくことをお勧めします。

 

 

 

愛犬の口臭を軽減するための3つの対策

 

犬の口臭を軽減させるための代表的な対策は以下の三つです。

 

1・歯垢・歯石の除去と歯磨き

 

まず、もっとも代表的な口臭対策としては、習慣的な歯磨きが挙げられます。

 

 

キュアペット

 

 

ただ、人間用の歯磨き粉に配合されている「キシリトール」は犬や猫にとっては有害です。

 

足元がふらついたり、痙攣を起こしたりすることもありますので、歯磨き粉を使用する場合にはペット用のものを使用しましょう。

 

歯磨きの習慣がない子の場合でも、少しずつ習慣化していくことをお勧めします。

 

歯磨きの方法については、以下の動画を参照してみてください。

 

 

 

 

歯垢や歯石が臭いの原因の場合、それを取り除いてもらいます。

 

病院で歯石を取り除いてもらう方法としては、1麻酔をかける方法と、無麻酔で取る方法があります。

 

麻酔をかけない方法による場合には、愛犬が暴れる可能性があるので、どうしても取り残しが生じてしまいます。
そこで、一層、普段からの歯磨きによるケアが大切になります。

 

一方、麻酔をかける方法による場合には、非常に綺麗に除去することができますが、全身麻酔をするため、愛犬の体に負担を与えることが指摘されています。

 

老犬や疾患のある子の場合には 断られてしまうことも覚悟しておきましょう。

 

 

 

2・口臭サプリメントの摂取

 

腸内の環境不良からくる口臭の場合、口臭サプリメントが非常に効果的です。

 

ご飯に混ぜるタイプや、直接歯に塗り込むタイプなど様々な種類のサプリメントが発売されていますが、ドッグフードに振りかけるかけるタイプのものが簡単なのでおススメです。

 

 

3・ドッグフードを変更する

 

市販のドッグフードを与えている場合、食べ物による影響を受けていることも考えられるので、ドッグフードを添加物のない天然由来の成分で作られたドッグフードに変えてみるのも、かなり有力な対策となります。

 

キュアペット